2014
07.02

株の初心者が陥りやすい生活は、いつも株式市場の動きが気になり普通の生活が手につかなくなるということです。

投資している株が国内のものであれ、海外のものであれ、株価が上下することでのリスクやメリットが自分の保有する株にも及ぶと考えてしまうわけです。

しかし、株を持つということは値動きだけで選択したわけではないはずですので、その会社の将来性を買っているのだと思えば、日々一喜一憂することはないということがわかるはずです。

株の初心者であるほど、株価の動きを細かく気にしすぎる傾向があるようです。

きちんと下調べをして購入を決定した株なのですから、目先の動きに惑わされないことが大切です。

そのためには、株を購入する際、いつまで保有するつもりなのか、いくらまで株価が上昇したら売り抜けるのかを決めておくことが初心者には重要なポイントとなります。

また、意に反して株価が下降した場合も、どこまで我慢して売却するのかを決めておけばうろたえることはなくなります。

株式投資は最初から大成功という方はマレです、多くの方が辛抱強く投資することで利益を上げるものだということを理解しておくと、性急に答えを求める投資とは違ったスタイルを確立することができるでしょう。

自分で決めたルールをきちんと守ることが出来れば、株の初心者であっても、株で食べているプロと同じような成果をあげることが可能なのです。

とても簡単そうでありながら、とても難しいのが株の世界なのです。

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.