2014
08.12

株を買ってみようという動機は人それぞれあると思います。

特に株の初心者のなかには、株主になってみたいという願望から株式投資を始める場合も少なくありません。

また、初心者の方は、難しいことを考えずに株主優待でメリットがあるという銘柄を買うのもオススメです。

基本的に初心者の方で大きな損をしてしまうのは、短期保有でどんどん売買を繰り返してしまうというところに原因があります。

じっくり保有して、株主優待を楽しむというくらいの心の余裕があれば、逆に大損などはしようがないのです。

ですから、株で損をしないためには、長期保有でメリットがある銘柄を選ぶという方法がオススメです。

長期保有でのメリットも人それぞれ、例えば、自分の仕事が食品関係であれば、業界の動向をチェックするためにも、自分の仕事の業界で中心的な銘柄の株主になるということで、関心を高めるという方法もあるはずです。

必ずしも、自分のよく知る業界である必要もありません、趣味がパソコンやゲームであれば、そういった銘柄をチェックするだけでなく株主になるという楽しみ方もあるわけです。

事実、上場前から目をつけていて少々のリスクがあっても、自分が利用してたり楽しんでいるソフトの開発を行なっている会社に投資するというのは悪いことではないからです。

もちろん、どんな株を購入してもリスクは常にありますが、まったくリスクがないかわりに経済動向にも、その会社にも興味がないという銀行への貯金よりは、世の中に目を向けるようにはなるのです。

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.