2014
09.08

株取引といってもすべて同じではありません。

初心者は取引の方法も知っておく事が大切です。

・株取引の期間

株の取引には大きく分けて2つのタイプがあります。

株は正式には、「株式投資」と言うように、株を買うという事は投資をするという事になります。

初心者は株の取引をする前に、投資である事を理解しておきましょう。

株式投資には「短期投資」と「長期投資」という2つのタイプがあります。

どちらにもメリットとデメリットは存在していますが、自分がどちらのスタイルで株式投資をするのかを決めておきましょう。

・短期と長期ならどちらがいい?

短期投資は株価が値上がりしたらすぐに売ります。

長期投資は、すぐには売らないので値下がりする可能性もありますが、成長が見込まれている企業の場合は、長期投資の方が大きな利益につながる事もあります。

ただしこの場合はあくまでの予想なので、必ずしもそうなるという保証はありません。

短期投資は購入した時より値上がりしたらすぐに売るのが基本ですが、自分で値上がり幅を決めておき、それ以上上がる可能性があっても目標に達したら即売るというスタイルです。

もう少し待てば利益が増える可能性もありますが、下がってしまうと損失が大きくなるので目標通りに売るのがポイントです。

・まとめ

短期投資も長期投資も、ある程度目標を決めておくと、目標に達した時すぐに決断できるのでローリターンでも、リスクを回避できるから安全です。

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.